FC2ブログ

世田谷区 ピアノ教室 Friendly 自由が丘教室

ピアノ教室 自由が丘 バイオリン 声楽 教室 自由が丘 目黒区 世田谷区 緑が丘 九品仏 等々力 深沢 

ピアノ教室 ( 教室・出張レッスン ) の特色


充実したレッスン形態

 教室レッスン&出張レッスンをご用意いたしております。(※出張レッスンでは、ピアノ以外にバイオリン、フルートのレッスンも承っております。)忙しい会社員や受験期の方のために無理のない月1回からのレッスンを行なっております。

合同発表会と練習会の開催

 年に一度位の他教室との合同発表会と年に数回の練習会を
 行っております。

講師は、桐朋卒

 講師は、現在桐朋卒のみを採用致しております。
 (※海外の大学をソロ首席にて卒業したスペシャリストを
   一部採用致しております)

ご納得の出来る先生選び

 当教室のマンツーマンレッスンに関しましては皆様との相性やレッスンの目的を知る為の面談に加えて、ご入会金なしでの正規レッスン1コマ(有料)を受講できるように致しました。ご面談日から翌月末までは『お試し期間』、ご入会金は『お試し期間』終了後の『翌月、最初のレッスン日』に頂くようになります。ご納得の上ご入会をして頂けると自負致しております。

      20060205125409.jpg  バイオリン1/8自由が丘教室 027
        奥沢教室クリック      自由が丘教室クリック ※ヴァイオリン教室レッスンあり
                                    

 ★当教室へご興味・ご関心がございましたら
    ♪お問い合わせフォーム♪
によるご連絡お待ち申し上げております。
受講なさる方のお名前でお申込みくださいますようお願い申し上げます



080-1981-8391
《お願い
 ・レッスン中につき電話に出られないことが多くございますため
  なるべく上記フォームからのご連絡をお願いします。
 ・留守番電話につながります場合にはメッセージをお願いします。
 ・非通知からの電話はつながらない設定とさせて頂いております。
  予めご了承くださいませ。
絵文字メールmail受信後こちらからメールにてお返事致します。


     リトミック201003041113001トップ201003041122001
      
     【姉妹教室2歳児親子リトミックのレッスン風景】  【大人の方のヴァイオリンのレッスン風景

バイオリンcピアノDSCF0685

 【練習会は発表会形式で開催】  【ヴァイオリンのレッスン風景】     【合同練習会の実施

※HPの曲はショパン ピアノ協奏曲 第1番 ホ短調 作品11
フレデリク・フランチシェク・ショパン(1810 ~ 1849)ポーランド
が流れています。
スポンサーサイト



  1. 2011/01/18(火) 00:00:39|
  2. 教室の特色

奥沢 自由が丘教室 ( ピアノ バイオリン 声楽)6月1日以降レッスン空き情報

自由が丘教室のレッスン空き情報】※急東横線・東急大井町線 自由が丘駅 徒歩3分
自由が丘教室 027 
          新規開校につきお好きなお時間をお選びいただけます

        AM(9時~13時)      
PM(13時~20時)

月曜
            
            ピアノ
 

              ピアノ
14時30分から15時、15時から15時30分
15時30分から16時、16時から16時30分、
16時30分から17時、17時から17時30分、
17時30分から18時、18時から18時30分
※上記のお時間以外でも御相談に応じます。
(斜線枠は確定時間および面談予約中)

火曜         ヴァイオリン            

            ヴァイオリン
14時30分から15時、15時から15時30分
15時30分から16時、16時から16時30分
16時30分から17時、17時から17時30分、
17時30分から18時、18時から18時30分、
※上記のお時間以外でも御相談に応じます。
(斜線枠は確定時間および面談予約中)

水曜             ピアノ   

               ピアノ            
14時30分から15時、15時から15時30分、
15時30分から16時、16時から16時30分、
16時30分から17時、17時から17時30分
17時30分から18時、18時から18時30分、
※上記のお時間以外でも御相談に応じます。
(斜線枠は確定時間および面談予約中)

木曜

        ピアノ7月開講予定でございます 

 

 
          ピアノ7月開講予定
           
           
金曜          フルート 声楽  

             ピアノ            
14時30分から15時15時から15時30分
15時30分から16時、16時から16時30分、
16時30分から17時、17時から17時30分
17時30分から18時、18時から18時30分、
※上記のお時間以外でも御相談に応じます。
(斜線枠は確定時間および面談予約中)

★祥子講師によるピアノ英語レッスン第4週目の月1限定
土曜
              ピアノ
9時00分から9時30分、9時30分から10時
10時から10時30分、10時30分から11時、
11時から11時30分、11時30分から12時、
12時から12時30分、12時30分から13時、
※上記のお時間以外でも御相談に応じます。
(斜線枠は確定時間および面談予約中) 


             
             企画中

 
日曜
             ピアノ
9時00分から9時30分、9時30分から10時、
10時から10時30分、10時30分から11時、
11時から11時30分、11時30分から12時、
12時から12時30分、12時30分から13時、
※上記のお時間以外でも御相談に応じます。
(斜線枠は確定時間および面談予約中)


              ピアノ 


奥沢教室レッスン空き情報】※東急目黒線 奥沢駅 徒歩4分・東急東横線 自由が丘駅 徒歩7分
20060205125409.jpg
 
      AM(9時~13時)    
PM(13時~20時)
月曜
                 ピアノ
11時30分から12時、12時から12時30分、
12時30分から13時
※上記のお時間以外でも御相談に応じます。 

         
             ピアノ
14時から14時30分、14時30分から15時、
19時30分から20時
       

火曜                ピアノ
  声楽 ・ ボイストレーニング ・ ミュージカル    

             ピアノ
空きはございません申し訳ございません
※上記のお時間以外でも午前中など御相談に応じます。                
水曜                 ピアノ
         
             ピアノ
15時30分から16時、16時から16時30分、
18時30分から19時
※上記のお時間以外でも午前中など御相談に応じます。

木曜   声楽 ・ ボイストレーニング ・ ミュージカル
   保育士受検御希望の方も承ります♪    
         
             ピアノ
15時から15時30分枠のみとなります


金曜                   ピアノ  
         
                 ピアノ
14時から14時30分、18時から19時月2回
※上記のお時間以外でも午前中など御相談に応じます。
 
土曜
                  書道

      
              
             書道

 
日曜                 ピアノ
空きはございません申し訳ございません
         
             ピアノ
18時から18時30分、18時30分から19時、
19時30分から20時
※上記の時間枠のみの御紹介となります。



  ★午前中・午後ともに月1回からのピアノ、声楽、バイオリン、フルート(午前中)レッスンが可能
  ★小さなお子様から大人の方、保育士や初等教育学部、音楽大学受験の方
   ご趣味でお習いになりたい方、すべて対応可能でございます。
  ★ミュージカルのオーディション、お芝居や声楽、ボイストレーニングの指導可。
   ★当教室へご興味・ご関心がございましたら
♪お問い合わせフォーム♪
によるご連絡お待ち申し上げております。

受信後こちらからメールにてお返事致します。
                            

当ピアノ教室には現在下記の地域の方がいらっしゃっております。
東京都世田谷区東玉川、等々力、尾山台、奥沢、深沢、玉川、中町、駒沢、瀬田、上野毛
東京都大田区田園調布、
東京都目黒区大岡山、碑文谷、平町、緑が丘、八雲、南、柿の木坂、東が丘
東京都品川区旗の台
神奈川県川崎市中原区、神奈川区etc・・・
  1. 2010/05/31(月) 08:13:06|
  2. レッスン空き情報

小さいころほど基本の積み重ねが大切だと思います-ピアノのレッスンを通して

ゴールデンウィークも本日でようやくお終いですね。
私はこの休日、国際フォーラムで開かれた
「ラ・フォルネ・オ・ジャポン」音楽祭に行ってまいりました。
今年でショパン生誕200年ということでもあり
折角なので1日目はショパンの曲を、そして二日目はロッシーニ、そしてモーツァルトの
室内楽による演奏を楽しんでまいりました。
私の大好きな曲、アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ
変ホ長調 Op.22は、今でも演奏者の軽やかなタッチが鮮明に記憶として
残っております。
また、会場では、交響楽団による演奏会や、3台ピアノも行われておりました。

改めて今思うこと。
ピアノの演奏をするにしろ、「ここはこういう音を出したいな」
「こんなタッチで弾きたいな」と思っても、基本が出来ていなければ
出したい音を出すこともできないし、綺麗な音、深い音、軽やかな音など
音色を作ることができない。小さい頃から指を鍛えるということがいかに
大切であるということにつながります。

そして楽譜を理解する大切さ。
これはどんな風な意図で書かれているのだろう。
転調や和音の響き、楽曲構成など、曲の分析、読譜の大切さが
要求されてきます。しかしながら、こういったことは、まずは書かれている音が
何なのか、鍵盤だとどの位置になるのかといった理解が必要になります。
1点「ハ」(ド)が5線譜ではどの位置にあり、鍵盤だとこの位置にある。
読譜は訓練によっても変わってきますが、小さいころに身につけることが
その後にも大きく影響してくるように思えます。



そしてテンポ。
たとえば、M.M.=100とあれば、メトロノームの目盛りを100に合わせた時のテンポを示します。
これは1分間におよそ100拍であり「テンポ100」と呼びます。
それぞれ個人のテンポってあると思うんです。
その自分のテンポ感で、ここは早く、そしてここはゆっくりといった感じで独自のテンポ感で
曲を練習し仕上げてしまうと、いったい何拍子の曲なのかといったことに発展してしまう恐れが
あり、それを途中で直していくこともなかなか難しいことのように思われます。
曲を作り上げる段階で、メトロノームにあわせ、テンポ、拍、リズムを感じながら
練習をしていく、こういった積み重ねが大事だとも思います。



指を鍛えること、読譜の訓練、、メトロノームにあわせて片手ずつしっかりと弾く
どれをとっても日々の練習においては、つまらなく、嫌になってしまうことかもしれません。
ですが、こういった日々の基本の積み重ねが、やがて皆様がご成長されたときに
芽が次第にさまざまな栄養を取り入れ大きな樹となり、音楽の楽しさを感じることができると思のです。

基本の積み重ねを大切にしながら、でも子ども達の気持ちも大事に
受け入れながら、バランスを大切にしたレッスンをこれからも
心がけていきたいと思います。



ピアノ講師コラム陽子
  1. 2010/05/05(水) 11:14:24|
  2. 講師(コラム&QA)

この度自由が丘教室でバイオリンのクラスを開設することになりました♪

 皆様、ゴールデンウィークはいかがお過ごしでいらっしゃいますか
さてこの度、自由が丘教室ではバイオリンのクラスを火曜日に新規開設させていただくことに
なりました今現在はお好きなお時間をお選びいただくことが可能になります。
お子様好きのとっても優しい眞理講師が皆様のサポートをさせていただくようになります。
眞理講師との【Q&A】を下記に掲載させていただいきましたので、是非お読みくださいませ

Q)先生がバイオリンを習いたいと思ったきっかけを教えてください。 
A)4歳頃の事ですので、ほとんど覚えていませんが。。
趣味でバイオリンを習っていた父を見て(習いたい…)と言ったそうです

Q)先生のお好きな作曲家&その理由をお教えください

A)たくさんあって本当に難しいのですが…。

バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、ブラームス…
奥が深くて、勉強すればするほど、深みが増します
近代も特に好きで、ラヴェル、ストラヴィンスキー、プロコフィエフなど。
和声の変化が多く、色彩豊かなところが好きです。
また、クライスラーなどバイオリニストの曲も好きです

Q)バイオリンをはじめてお習いになるお子様が増えておりますが
先生はどのような点に気を配りながらご指導なさいますか
  

楽しみながらも、基礎をしっかり
この事は、とても大事な事だと思います
はじめにしっかりした土台を作ってしまえば、先に進んだときにとても楽になります。
歯磨きをするのと同じくらい、バイオリンを持つ事が自然になるように…
そんなイメージで教えて行きたいと思っております
      
Q)生徒さんのご指導にあたって心がけていることを教えてください

バイオリンで音を出す前に、どんな風に弾きたいか
どうしても、「弾くこと」だけに集中してしまいがちな楽器です。
歌う気持ちを一緒に伝えて行けたらと思っています。
また、バイオリンは大勢でも演奏のできる楽器ですので、
少し余裕が出てきたら、アンサンブルを取り入れて指導に当たりたいと思っております
  
Q)先生にとってバイオリンとは何でしょうか

人生の師匠…
バイオリンという楽器に、どれだけ教わったか分かりません
すべてに通ずる教えを得られる気がします。
自分の癖や性格が素直に出るので、バイオリンとともに自分磨き…
これからもずっと一緒に成長して行きたいです

眞理講師
【バイオリンの眞理講師】
  1. 2010/05/04(火) 23:00:16|
  2. お知らせ

祥子講師についてー自由が丘教室月1レッスン限定ー全て英語でのレッスン可

月1回レッスン限定60分からの授業となりますが、生徒さんの募集を開始させていただきたいと
思います。

■火曜日または金曜日(基本的には第4週目)
■まずは金曜日をご希望の方より募集を開始させていただきたいと思います。
■レッスン開始時期は2010年7月末日とさせていただきたいと思います。
■英語でのレッスン可
■お受験でピアノの他ソルフェージュ・楽典のご指導をご希望の方
■ピアノを終えた後、英会話の授業も受講なさりたい方
■現在音楽をご専門にお学びになっていらっしゃる方
■技術的なことでお悩みな方
■ご趣味の方も喜んでサポートをさせていただきます。
■お仕事が忙しく音楽と英語の充実したレッスンを月1で受講をご希望されたい方
■毎週のご予定が不定期で、ご自分の合うお日にちがあればレッスンに通いたい方
■お子様と発表会で連弾をされたい方
■昔ピアノをしていてもう一度ピアノを弾く喜びを感じ> たい方
■帰国子女のお子様/アメリカンスクールに行かれてる
■お子様のいらっしゃる方で英語でのレッスンをご希望の方
■日本語のみ/英語のみ/両方でのレッスンが可能です
■ある特定の曲を最短で仕上げたい方
■ピアノデュオ法・室内楽・伴奏法を習得したい方
■初見力・曲を仕上げるスピードを速めたい方

祥子講師のプロフィール

鎌倉で生まれる。
1986年に父親の仕事の関係で家族でアメリカに引っ越し、
カルフォルニアでピアノを本格的に始める。
1990年帰国。1998年3月北鎌倉女子学園高等学校音楽科卒業。
1998年4月東京藝術大学器楽科入学。
2002年3月同大学卒業。
2002年9月ボストン・ロンジー音楽院大学院(修士)課程に
リリー・デュモン奨学金を得て入学。
2005年5月同音楽院首席卒業。

高校・大学在学中に第53回鎌倉市学生音楽コンクール優勝、市長賞受賞。
第13回神奈川おんがくコンクール優勝、県知事賞受賞、佐藤功太郎指揮、
神奈川フィルハーモニー管弦楽団と協演。
また第11回・そして第12回JPTA教育連盟オーディション決勝受賞、
2年連続上位入賞者コンサートに出演。
第5回ドイツエトリンゲン青少年国際ピアノコンペティションファイナリスト。
2003−2004年国際親善奨学生として国際ロータリー財団から選ばれる。
2003年ハーヴァード大学で2つのソロリサイタルを展開。
2003年、コネチカット州ミュージコルダ音楽祭に奨学生として招待される。
2004年度、2005年度ロンジー音楽院で行われたオナーズコンペティションでウィナーに選ばれ、
2年連続ウィナーズコンサートに出演。
大学院中に2年連続フィショフ・ナショナル室内楽コンペティションで入選、
2004年カナダ・バンフ音楽祭に招待される。
その他2004年ブロックトン・シンフォニー、コンチェルトコンペティションの審査員、
ブロックトン・シンフォニー、ニュートン・シンフォニーのピアニストとして活躍。
2009年TOEIC910点、TOEIC Speaking and Writing (SW) Test満点。

祥子講師について

2003年冬、過度の練習により右手の尺骨神経の故障、薬指を小指の感覚がなくなる。
その半年後、尺骨神経を移動して圧迫している部分を解放する手術を行うが、
手術の成果は出ず、スプーンを持つ動作も出来なくなり、しばらくピアノから離れる。
2005年から、右手のリハビリと練習を一から始める傍ら、左手だけの曲でコンサートを開始、
積極的に老人ホームなどでボランティアコンサートを行う。
卒業演説は音楽家の怪我についてとその対処法、卒業演奏会は全て左手の曲によって行われた。
2005年6月、帰国記念リサイタル〜私の右手がくれたもの〜を行う。
7月、朝日新聞東京本社コンコース内にて毎日2回のコンサートを1ヶ月間行い、
朝日社内新聞に取り上げられる。また10月は、毎日新聞に取り上げられる。
2006年から両手でのコンサートも再開。
3月、アメリカ、ウェストミシガン、アイオワにてマリンバ&ピアノデュオ「ハズム」のコンサートツアー、
またラジオにも出演。2006年4月、ブラッドショー&ブオーノ国際ピアノコンペティションソロ部門で
1位受賞、10月15日にカーネギーホールにてウィナーズデビューコンサートに出演。
2007年9月NHKラジオ番組「輝いて生きる」で取り上げられ、反響を呼ぶ。
現在ソロの他、石橋直子とピアノデュオ「ハーモニューズ」を結成。
第7回日本アンサンブルコンクール2台ピアノデュオ部門において受賞者披露演奏会に出演。
2006年大阪国際音楽コンクールファイナルにおいて2台ピアノ部門でエスポワール賞受賞。
2007年4月ブラッドショー&ブオーノ国際ピアノコンペティションにて連弾部門で1位受賞、
5月にカーネギーホールにてウィナーズデビューコンサートに出演、
同年12月ニューヨークベヒシュタインオーディトリウムで演奏。
2008年小澤征爾監督サイトウキネンフェスティバルに全奨学金を得て参加。
また同年ハートトゥハート実行委員会を立ち上げ、障害を持つ音楽家を積極的に支援、
NHK World News、朝日新聞、毎日新聞、読売新聞などで取り上げられる。
2010年5月左手だけのソロライヴ「hidarite」を予定している。

今までにピアノをクレア・ローネス、日比谷友妃子、多美智子、佐藤俊、ヴィクター・ローゼンバウムの各師、室内楽をジョナサン・コーラー、白井光子の各師に師事。

毎日新聞 2005年10月15日 東京夕刊より

◇強さ加わった演奏ーーロンジー音楽院大学院卒・馬場祥子さん(26)
 レコーディング中、右手の薬指と小指が動かなくなった。
米の大学院にいた2年前の冬。朝8時から夜の11時まで練習の日々を送った結果だった。
「手が痛い、と思いながらも鎮痛剤でごまかしていた」。
右手尺骨神経の故障。コンクールの決勝出場権や招待されていた音楽祭もすべてキャンセル。
手術をしたが、失敗。スプーンも持てなくなった。名医を訪ねたが治らない。
ピアノに触れず、音楽の話を聞くのもつらかった。
しかし、ある時、気付いた。「周りの人は、ピアノを弾いていない私も愛してくれている」。
気持ちがふっと楽になった。左手の曲に取り組み、学内のコンペティションで優勝し、首席で卒業した。
小学生から社会人まで教えるかたわら、演奏会もこなす。
来年の両手のコンサートに向け右手の練習を再開した。2歳で始めたピアノ。
以前から彼女の演奏を知る人は「優しい演奏に強さが加わった」。彼女は言う。
「今の演奏が一番好き。自分らしさが出せているって感じるから」。文:細田元彰

祥子講師からのメッセージ

小学校6年までのカルフォルニア生活で 自らが受けたアメリカでのピアノレッスンの経験と、
ボストンでの大学院中に子供から大人まで現地の音楽学校でピアノを教えた経験とを
取り入れたレッスンです。
ピアノを弾くことだけではなく、英語で音楽を感じたり、歌ったりなど、
英会話もレッスンを通して習得していけます。

私自身、幼少に渡米し英語を学びながらピアノを始めたことと、
大学院留学は現在の私の指導法や演奏に大きく影響しています。
アメリカと日本で自分の肌で感じたこととを、
一人でも多くの方にレッスンを通じて分かち合えればと願っております。

ソロピアノ、ピアノデュオ、4手連弾、伴奏法、室内楽法の他、
中学校・高等学校音楽のテスト勉強、ソルフェージュ、楽典などの単科の希望も
受け付けていますので、まずはご相談くださいませ。

!祥子講師DSC_1648
  【祥子講師】
  1. 2010/04/28(水) 00:51:04|
  2. 講師(コラム&QA)
次のページ